デイサービス長老大学

高齢者が若者を支える。高齢者と共に未来を創る。逆支援型デイサービス 長老大学 のブログです。


思うこと

「変わることのない下降するベクトル」と「だからこそ必要な支援」について

こんにちは。デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 先日、第3回目の運営推進会議を行いました。 運営推進会議とは、私ども地域密着型通所介護事業所が「地域との連携および事業所運営の透明性を確保するため」に、地域の皆様などに対…

田んぼでウナギを捕る。ノコギリで捕る。

こんにちは。 デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 土用の丑の日が近づいてきました。 今日は、「田んぼでウナギをノコギリで捕る」という、ちょっと変わったウナギ捕りのお話しをご紹介します。 ウナギは絶滅が危惧されていますの…

高齢証言者の矛盾を「嘘つき」と批判する前に知っておいて欲しいこと

こんにちは。 デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 まえおき 今日は、政治的な話題も取り上げますが、長老大学の政治的な考えを主張するつもりではありません。 「聞き書き介護」を2年以上続けている私から見て、しばしば感じる「高…

参考書紹介(3)『マーケット感覚を身につけよう』 長老大学が提供する価値とは何か?

こんにちは。 デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 今日は、長老大学の基本テキスト紹介第3弾として、「マーケット感覚を身につけよう」をご紹介します。 本書はこれまでにご紹介してきた「治さなくてよい認知症」「驚きの介護民俗学…

参考書紹介(2)『驚きの介護民俗学』長老大学での「聞き書き」と「傾聴」の使い分け

こんにちは。 長老大学代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 今日は、デイサービス長老大学に多大な影響を与えてくれた六車由実さんの『驚きの介護民俗学 (シリーズ ケアをひらく)』をご紹介します。 著者の六車由美さんは民俗学の研究者であり、介護職でも…

参考書紹介(1)『治さなくてよい認知症』 FAQ 長老大学で認知症は治りますか? へのお答え

こんにちは。デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 認知症の方のいないデイサービス? 長老大学では、見学やお試し利用に来られた方から「こちらのデイには認知症の方はいらっしゃらないですね」と言われることがあります。85歳以上…

市場に評価される介護職は給与が上がる時代が来ると思う

こんにちは。デイサービス長老大学の澤本洋介(@sawamoto482)です。 昨年の夏頃に、ホリエモンさんが、「介護は誰にでもできる仕事だから給与はあがらない」といった発言をtweetし、話題になっていました。 誰でもできる仕事だから単価は残念ながら上がらな…

「たかが~、されど~、」 人の役に立つこと おいしいものを食べること

こんにちは。 デイサービス長老大学の澤本洋介(@sawamoto482)です。 今年の6月に、「人は誰の役に立たなくてもいい」価値共創型介護の売り出し方についての反省。 というブログ記事を書きました。 価値共創型介護を広めたいという気負いのあまり、「人の役…

介護職の子どもは大学に行けないのか?

こんにちは。デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(sawamoto482)です。今日は、自分事としても大きな関心がある「介護職の子どもの教育」について考えてみます。 介護の場合、頑張って仕事していても、こどもを大学に行かせることは難しいんですよ。奨学金…

人間関係からお金を集めたことへの責任。クラウドファンディングへのご支援ありがとうございました!

こんにちは。デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 4月からチャレンジしていたFAAVO高知でのクラウドファンディング「介護現場の「聞き書き」から生まれた車イス対応テーブルを販売したい!」 の結果についてご報告します。皆様の情報…

「人は誰の役に立たなくてもいい」価値共創型介護の売り出し方についての反省。

こんにちは。 デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。 長老大学は、ご利用者さんに「人の役に立つ充実感」を感じていただけるデイサービスを目指しています。 そして、実際に「役に立つカタチ」として実現することも目指しています。 ご…

映画アルマゲドンを見て思ったこと。異業種のマネジメント経験者がケアマネを目指せる仕組みが欲しい。

こんにちは。デイサービス長老大学の澤本洋介(@sawamoto482)です。 皆さんは、「アルマゲドン」という映画を見たことがありますか?「地球に激突しそうな小惑星に穴を掘って核爆弾を爆発させて人類を救おう」という話です。 映画では、惑星に穴を掘るために…

ヘルプマン!! くさか里樹さん話題提供の「まちづくりトークcafe」に参加してきました。

1月13日に、NPO高知市民会議主催のまちづくりトークカフェに行ってきました。トークタイトルは「介護をネガティブにされると迷惑!」 話題提供者は、高知県在住のマンガ家くさか里樹さん。 タイトルにも興味を惹かれましたし、くさかさんの『ヘルプマン!!…

2016年の抱負。元気になるデイサービスで価値共創へのチャレンジを増やしたい。

新年あけましておめでとうございます。本山町はお天気で暖かい日が続き、ご利用者の皆様も過ごしやすいお正月だったと思います。 ミッション宣言のアップデート 新年に、デイサービス長老大学のミッション宣言を一部アップデートいたしました。 ・ご利用者が…

「社会人」という言葉を使わない。長老大学人事考課チェックシートのこだわり。

秋ごろから、雇用管理の講習に通っていました。私は元来は一人自営業の鍼灸マッサージ師なので、雇用管理はわからないことばかりです。 講習の課題として「人事考課のチェックシートをつくる」というものがありましたので、提出した人事考課チェックシートを…

高齢者による差別。「思想は時代を越えない」という諦念と自戒

(内村鑑三 - Wikipediaより) 高齢者による差別発言についてのニュースが続いています。 茨城県では、71才の教育委員が、出生前診断により「障害児を減らしていける方向に」と発言しました。批判を受け、後に発言を撤回し、委員を辞職しました。 長谷川氏は…

独立ケアマネのすすめ。まだ自社サービス営業で消耗してるの?

弊社の介護事業は2012年に単独型の独立ケアマネ事業所としてスタートしました。 本山町社会福祉協議会の居宅介護支援事業所からの独立でした。今は”デイサービス長老大学”と”さわもと居宅介護支援事業所”を併設して運営しています。 デイサービス長老大学を…

ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)という言葉を聞いて思い出したブログ記事

安倍総理大臣が政策として掲げる「1億総活躍社会」という言葉に対して、菊池桃子さんが「ソーシャル・インクルージョン」と言い換えては?と提案したことがニュースになっていました。 第3次安倍晋三改造内閣の目玉政策「1億総活躍社会の実現」に向けた具…

たとえば孫正義氏が認知症になったとして、その話をお金を払ってでも聞きたい経営者は世界中に大勢いると思う。

デイサービス長老大学では、利用者の皆様への聞き書き(インタビュー)を主な活動としています。それは、高齢者のお話は面白くて価値があると感じているからです。 そういう話をすると、 「高齢者の話が面白い?」 「認知症の方の延々繰り返される同じ話に価…

まち・ひと・しごと創生総合戦略は「逆事業仕分け」となるのか?

先日、本山町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定委員会の委員に任命されました。 私は介護事業者としてではなく「移住者代表」という立場で呼ばれていたのですが。 近頃まち・ひと・しごと創生総合戦略の関連で報道されているCCRCと地域包括ケアシステムと…

デイサービス長老大学が目指すもの

デイサービス長老大学のミッション 高齢者が「人の役に立つ充実感」を実感できるデイサービスをつくる 高齢者と共に世の中に新しい価値をつくる(経済的価値・教育的価値・社会的価値など) 高齢者が尊敬され、長寿を心から喜べる社会をつくる デイサービス…

過疎地域における「地域包括ケアシステム」について(再掲)

介護報酬改定に関するセミナーに行ってきました。今回の報酬改定からは、国が推進している「地域包括ケアシステム」の姿がよく見えてくると感じました。※この記事は、Tumblrで私が書いていた澤本洋介のblog(2015/2/27)の記事に加筆修正し転載したものです…

介護は産業か?社会的コストなのか?(再掲)

※この記事は、Tumblrで私が書いていた澤本洋介のblog(2014/6/30)の記事に加筆修正し転載したものです。 (サザエさんうちあけ話・似たもの一家より) ”介護は何かを生み出す産業では無い。社会的なコストである。”という意見があります。いくら介護業界が…

高齢者に喜んでお金を使っていただけるサービスの社会的意義(再掲)

※この記事は、Tumblrで私が書いていた澤本洋介のblog(2012/1/19)の記事に加筆修正し転載したものです。 こんにちは。今日は高齢者に喜んでお金を使っていただけるサービスの社会的意義について、考えを書いてみます。 日本では個人の金融資産の約8割を中高年…